あなたと つぎの景色へ

いろいろなものがゆるっと好きなオタクのひとり言

固定

 

ブログタイトルめちゃめちゃ良い言葉じゃないですか?宝塚某ジェンヌのオタクしてる私には結構響いた言葉なんです。株式会社ブリヂストンのコンセプト?らしい(2019年4月現在)。ブリヂストンについて全然詳しくないどころかほぼ無知だけど、このコンセプトは素晴らしいと思った。ので、ブログタイトルに拝借しました。*1

 

前置きでも若干触れましたが、宝塚歌劇が現在のメインジャンルです。出来れば全組観劇したいけど応援しているジェンヌに基本的にはお金を払いたいから推し優先観劇中。ありがたいことに推しは私好みの組に所属しているから毎度楽しくオペラ芸人させてもらってます(笑)このままずっと同じ組にいてほしい。

 

大本命以外の気になりだした方は推しと同じ組から他組へ移動されたり退団されたりと別れに常に取り巻かれている感(?)があってだいぶツラい。別れさせ屋かな???

 

他にも某歌王子が好きだったり、プリズムの煌めきを摂取しに応援上映行ったり、必死こいてお金貯めて海外旅行したりと…狭く深くモットーではあるもののやや浅く広くに寄ったスタンスで好きなように生きてます。

 

結局は私の独り言や書きたいことを気ままに書くだけなので閲覧は自己責任でお願いします。

 

*1:もちろんこのコンセプトの権利は全てブリヂストン様にあるため問題があれば直ぐに変更致します。

おんなじゆめだから

 

まだ誰も見たことのない景色を焼きつけてくれた人って本当にその通りだな、と。横アリが決まってビジュが公開された時この人だからここまで来られたんだって実感した。淡白な言葉だけど、すごい人だとわかった。

 

宝塚と聞いて唯一結びつく人だった。

宝塚の良さを教えてくれた人だった。

いつだって宝塚と花組を代表するにふさわしい人だった。

 

隣の部屋から聞こえてくる音程がとれてなくて発声もゆるっゆるで、こんな出来でお金を取るのかって心証最悪だった宝塚の印象をガラッと変えてくれた人。初めて観たトップコンビがみりゆきで本当に良かった。東宝、四季、宝塚だとそれを売りにしてないからなのかは知らないけど実力やクオリティは1番低いと思うのは宝塚を知った今でも変わらないけど、それでも、煌びやかさやテンションが沸騰するような感覚は間違いなく他に無い宝塚だけのもの。ここだけの良さ。それがあることに気づかせてくれた人。

そういうシステムだってわかってたし、いつかは来るものだともわかってた。なんならこのタイミングでってことも予想がついてた。むしろゆきちゃんがCASANOVAで退団したことの方が驚き。絶対添いとげだって思ってたし、それを望んでた。ゆきちゃんが輝くサヨナラショーを観られたことは幸せだったから、この選択は私にとっても正解だったなとは思うけど、まあ普通にりおさんの退団を受け止めきれるかはまた別問題よ。頭では文字として理解できてるつもり。それが何日かってこともわかってる。サヨナラショーの流れもムラで観たからなんとなく掴めてるし今回は紋付袴でのご挨拶があることもニュースで見て知ってる。ライビュに行く手筈も整えてあるし心の準備もできる限りしてきた。けれどきっともっと大きな人なんだろうなあ。偉大で立派な人なんだと思う。そうであってほしい。だから想像より退団にダメージを受けることも想像してある。とある方のお茶会に参加した時でさえ思ってたよりその人のことが好きだって実感したくらいだからもう一体どうなることやら。

 

つらつら書いたけど泣きたいわけじゃないしむしろ泣きたくない。ラララ さよならのかわりに〜ってね。もう明日のことなのかとも思うけど、ありがたいことにライビュ参加できるんだから最後までしっかり追いかけたいし、追いかけさせてください。

 

きみとぼくのラララ

きみとぼくのラララ

  • 明日海りお
  • J-Pop
  • ¥150

 

ジョーカー

 

※ネタバレ有り!ていうかそれしかない()

 

 

 

 

 

 

わかりやすく無敵の人のお話だった。

今のところ私とは縁遠い話ではあったし、物語の舞台そのものも1980年代と遠い時間だ。けれど私自身がいつああなるかわからないし気づいていないだけで周りにジョーカー(もしくは予備軍)がいるかもしれない。

生憎ジョーカーが出るシリーズを見たことがないし、この映画もバットマンが出て闘うと思ってた。実際はジョーカーがジョーカーになるまでの物語だからバットマンは出てこないし闘わない。後から知ったけどブルース=バットマンなのね。知識0だからあのシーンはブルース可愛いね連れ去られないでねってことしか考えてなかったけどオタクなら喜ぶシーンだったのか。

消費税が10%になった日本。ジョーカーの舞台と同じように貧困層が増え街にはゴミとネズミが蔓延るようになるかもしれない。そうなるとジョーカーのような存在が登場するとほぼ確信に近い心を覚える。なぜならそれにより無敵の人も増えるから。無敵の人は本当に文字通り無敵なのだ。きっと今私が想像しているより遥かに失うものが無く、どこまでも捨て身になれるのだろう。そんな存在に今ですら怯えているのに、これからより不況になったらもっと怯えなくてはならない。政治的な発言をしたいわけではないけど、政府にはどうか貧困層がこれ以上増えないような政策を考えていただきたい。

 

スタッフもキャストも問題ないどころか素晴らしかったけど、あっと驚く内容ではないし映画ならではの要素を感じられなかったため評価は★★★☆☆の星3つ。映画ならではの要素はわからなかったけどこれをどの媒体でやるのが適切かと聞かれればそれは映画なのだろう。難しいところだ。

見た後に食事は厳しいから必ず見に行く前に食事をすることをオススメするぞ。

質問箱

お久しぶりです。はじめまして。いかがお過ごしでしょうか。

書きたいことはあるのに、なかなか上手く言葉に消化できず何件も下書き止まりになっている私です。しがないオタクの私ですが、このたび質問箱を開設してみました。もし興味がある方はぜひお気軽にお問い合わせください。リンクは以下の通りです。

 

 

気まぐれなので、なかなか返さなかったり秒で返したりと返答スピードはまちまちだと思いますが、答えられる範囲で答えていきたいと思います。回答は全てこの質問箱カテゴリーに載せますね。

 

それでは短いですがこの辺で。アデュー。

応援スタンス

 

やるやる言ってたしやりたかった応援スタンス記事でーす。脇が甘々だからこれを機に推しバレと身バレしそう(笑)

 

□ 基本情報

・関西在住学生

・現在のかけもちジャンルは某歌王子と女児向けゲーム

・バイト代で観劇。普通に金がない。貧乏。

 

□ 推し

・tkrzkの男役

・若手と中堅の間くらいのポジションで日々奮闘中

 

□ 舞台を観に行く基準

推しが出ていればもちろん。他の組も興味がわいて都合の良い日があれば観てます。推し組複数回 他組1回ずつって割合。観たかったけどこの前のMR!見逃した〜〜現トップコンビだとだいきほが1番好きなのに大失態。他にも4季やtohoなど外部もちょこちょこ行ってるはず。とくに4季はA・ロイドウェバー作品を多く上演してるから他組よりかは比率高め。ロイドウェバー楽曲最高なのでオススメです。*1

 

□ 舞台以外のイベントに行く基準

お茶会は絶対行く。これは本当に行かなきゃストレスにやられる。推し以外に興味のある人のお茶会に参加させていただくこともしばしば。トークショー的なのは正直そこまで興味ないから、とりあえず応募して当たれば行くし外れたらそれまでって感じ。4季の見学イベとかも日程が合って観たい演目なら行くくらい。ここしばらく行ってない。

 

□ グッズを買う基準

推しの写真系は必ず買う。少ししか写り込んでいなくても買います。推し以外でも好き〜〜!ってなったらスチールや舞台写真は買ってます。推しがいる公演のパンフも絶対1部は買ってます。パンフの表紙になった推しを見たい…!

 

□ 雑誌/映像を買う基準

雑誌は推しが盛れてたら買います。まだ写る頻度が高くないから部屋が雑誌まみれにならずにすんでる(笑)映像は推しが出てるのは別箱大劇場かかわらず買う。徐々に役が大きくなっているのを見ると嬉しくなりますね。

 

□ 手紙/プレゼント

入り待ちとかは基本ポストカードでどうしても長くなった時だけレターセット。この前あさだ屋さんで推しレタセ作ったのでハピハピです(^^)出待ちはとにかく感想や感謝を伝えたいので市販のサンキューカードを使うことが多いです。プレは貧乏学生が買えるものはたかが知れてるので頻繁には入れてません。お茶会とか初日みたいなハレの日?には差し入れることにしています。もうお金が無いということがこの時ばかりはめちゃくちゃ申し訳なくなる。つら。

 

□ 普段の行動

最近は歌王子映画に週1で通いつつ女児向けゲームに精を出してます()課題とバイトに追われながら入りに行ったり観劇したり。メイン所属SNSツイッターです。この項目何書けば良いん?(笑)

 

□ 同担

う〜〜〜〜〜んこれは微妙。会の人とかにはめちゃくちゃお世話になってるし好きだけどリア友が入りにも来ない、観劇回数も少ない同担になると無理ってなっちゃいそう。上にはキリがないってわかってるけど同じ環境で私よりオタクしてないオタクが苦手なんだろうな。これたぶん歌王子ジャンルでも無理かも。私が弱いオタクだから繋がりが深くて私より弱いオタクが無理。強いオタクは見習いたいし好きです かっこいい。あと普通に価値観とかスタンス合わなきゃやってられない。

 

 

以上!おしまい!

*1:ただし猫、おめーはダメだ

うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム

 

いや〜〜〜もう最高だった!本当に文句なし!言うことない!いやある!ありがとう!感謝を伝えたい!

1000%と2000%の間の期間にうたプリを知り2000%でガッツリうたプリ沼にハマっていた*1ので劇場版はわりと待望してました。待ってたし嬉しかったけど出演キャスト決定の時に先生たちの名前を消したのは根に持ってる。全編ライブ構想なら期待させるようなことしないでくれ〜〜;そうです、先生オタクです。先生たちラブ。

 

初参戦はアンコール追加決定日の20日。つまりギリギリアンコールが追加されない日。ネタバレは基本的に踏まないようにしてたけど、ライブってことは知ってたから迷わずマジLOVEライブ上映を選択。1人参戦も予定してるけどこの日はうたプリ知識0・2次元への抵抗少なめの友人を数人引き連れ参戦。売店でキンブレ買う予定がまさかの売り切れ。ショックを受けつつ売り切れるほどの人気っぷりに少々の喜びとKOPのキンブレ、来場者特典を手にいざ座席へ。

この日は平日だったうえにアンコール追加が決定したからか人数が多くなかった。そのうえど真ん中の席に私たちにわかが陣取っているこの状態。本当に楽しめるのか!?と思うも杞憂に終わりました。結論ですが、ど真ん中ににわかがいても楽しめる仕様でした!

これだけ書いておいてなんだけど、ネタバレ踏まずに見に行ってほしいし、できればアンコール追加前に1度見ておいてほしかった。アンコールの内容がどうのとかじゃなく、アンコールが無いライブを見てから有るのを見ると、よりリアルに感じるというか。めちゃくちゃ表現難しい。文章力ないからって理由もブログ始めたきっかけの1つだけど、本当に伝えたいことが伝わらなさすぎて罰ゲーム感えぐい。ものすごく感覚的なものだから伝わらないんだろうけど、アンコールがあるライブのリアリティさが凄いって雰囲気の話です。

 

これ上は見た直後に書き殴ってるから、ここから追記みたいなものなんだけどアンコールのメッセージ変わるのね。カルナイのメッセージも聞きたくないわけじゃないけど、あそこST☆RISHだから締まるし感動するみたいなとこない??見たいけど。見たら見たできっと良かった〜〜;とか言い出すけど。

 

兎にも角にも今回の映画は★★★★★!基本満点付けたくないしこれも4.75くらいだけどそんなややこしいものは無いので満点!みんな是非見てね!

 

2019.6.20.

*1:本業(?)の人よりはわりと緩やかにオタクしてます。そもそも供給が少ない()

アラジン

 

見てきました〜!今月予定ビッシリなのに何故か空いててちょうどその時間帯に字幕版上映していたので突発的に映画館へダッシュ。行きしにどうしても忘れられなかったスマホケース買ったから余計にダッシュ

山ちゃんのジーニーが見たかったけど日本語版AWNWを聴いた時ちょ〜っと中村倫也アラジンの声がねちょく聞こえて曲のたびに解釈違い!ってブチ切れるの嫌だったから字幕版。ウィル・スミスのジーニーも見たかったから、どちらに転んでも問題無。

 

まずは純粋に曲が最高。間違いなく全曲最高。海外だったら歓声上がったり拍手起こってるんじゃないかレベルで曲が最高。ゴージャス。アニメ版も舞台も『アラビアンナイト』でがっつり世界に引き込まれるあの感じが好きだから歌い始めた時は心の中から何かがブワワッて湧き上がってきたようなそんな感じ。曲ってインストならそれで完成だけど今回は歌と映像も必要不可欠だと思ってて、それ含めて曲の完成度が高くて。曲に料金半分の価値あった。あれは映画館の音響で体験してほしいなぁ。

 

ジャファー様!がかっこいい!最初全然ヘビっぽくないじゃーん🙄って感じだったから余計にかっこよく見える。若干ネタバレになる?かな?わからないけど黄色い布のシーン大好きですかっこよすぎ。みんな見て。

 

内容はまあアニメ映画とほぼ同じだからそれなりに面白いです。技術力でジーニーもめちゃジーニーだし。笑えるところもあったし。評価は★★★★☆かな。本当は3.5だけど.5の星は出ないから星4つ。

 

最後に記録用だから解釈違い/残念だったポイントまとめます。ネタバレ含むよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャスミンがパッと飛ばない。メンタルが最初弱い。徐々に強くなっていく感じ?でも信念はあるっぽいしなんなんだろう。よくわからなかった。

・ジャファーが歌わない……歌ってほしかった……

 

 

 

2019/06/11

推しの公演期間中に感染した話

 

応援スタンスの記事書こうかなーって考えてたけど周りに体調崩してる人がいて思い出したからこっちの記事を先に完成させます。そのうちスタンスとか手紙とか諸々(厄介)オタク全開記事書きたい。

 

公演終わって出待ちしてる辺りからあれ?いつもよりちょっと寒いかもしれないとは思ってた。普段より時間遅い(気がして)そのせいかもなって気持ちもあったし何より普段ガンガン直射日光当たるのにその日に限っては夕方の日陰だった。そりゃまあ普段よりは寒いかってなるじゃん。なるやつじゃん。

というかそれより前にマチネ後昼食とって御手洗い寄った辺りから微妙に腹が痛くなったり止んだりを繰り返してた気もする。年中腹痛持ちだから断言できない。

そんなこんなで帰宅するとまあ寒気がするし弱いけど腹痛が続くわけですよ。やべーなインフルかなーとか安直な発想からのグーグル検索かけるけどインフルで腹痛起こすのは子どもだけみたいな記事あるし全然咳出てないから寝れば治ると思ってた。本当に。今日*1含めないと公演期間残り2日だし、それまでのポスカとかいろいろ決めて用意してた。私にしては珍しく準備が整ってた。

 

滅多にしないことをすると槍が降るように(降らない)当然のことながら貧弱体質な私は翌日高熱を出しましたよ。前楽なのに。けれどなんとも不思議なことに前日寒気がひどかった時は「明日行けないのとか無理。前楽の意味わかってる?行けないくらいなら死ぬ」って思いながら寝たのに起きて熱出てるのわかると「まあ今日の公演はいいか」って気持ちになってました。前楽行けないのは本当に残念だけど千秋楽のチケットもありがたいことに用意していただいていたから何とかメンタル調整できたのかな。確保できてなかったら他界してたかも()

FCチケだったから代表とメールで相談した結果、私の友人がちょうど都合が良く、この公演も気になっていたとのことで観劇してもらうことに。でも私が譲ったことになってるからその子からお金は返ってこないんだろうなー(現に返ってきてない)その日は汗びっしょりになりながら寝たりソシャゲしたりほぼ飲まず食わずで唸りながらベッドの上で過ごしてたなー。

 

そして迎えた千秋楽!見事に完治!とはいかないのが私クオリティ。熱は前日より下がりはしたけど微熱というにはやや高い38°超。精神的な死を感じた。推しがライトを浴びて歌う姿も踊る姿も演技も笑顔もシリアスな顔も他の人が挨拶している時の謙虚な姿勢も見られないのか。なぜ母親はそれを見られて私は見られないのか。*2出待ちの写真見たけど超可愛かったしなんなんだ。括りとしては感染性胃腸炎とかそんな感じだったけどどこで感染した???本当につらい。潜伏期間考えるとあり得ないけど昼食をとったラロンドを恨んだ。*3

 

それからしばらく経った今でも落ち込みすぎてモチベ底辺です。舞台に立ってる姿を見たらどうせ沸くのはわかってるけどそこに行くまでの気力が起こらない。とはいえ次回公演も申し込んでるから結局は普通にオタク活動再開し始めそうです。

本当にめちゃくちゃ後悔するしその後のモチベだだ下がりするので皆さんも体調管理に気をつけてください。

 

 

 

 

これはメンタルが生きてると開かないけど死ぬと必ず開くポケ森で今回初めて採れたモルフォ蝶のスクショ。

f:id:Redcap:20190528190407p:image

*1:当時時点

*2:もともと一緒に行く予定だった

*3:缶バッジは我らが明日海りお様でした。勝利!

ちなされて

 

熱帯。

 

そして明日海りお様の退団発表がありましたね。

 

ゆきちゃん退団も千秋楽翌日にサヨナラショーを思い出し、ようやく実感したくらいなのでみりお様退団も相変わらず実感無いです。そもそもみりおがいない花組を想像できない。2番手を努めてる彼女がトップになったら、きっとガラッと雰囲気の違う組になると思うし、それはそれで楽しみです。

 

ちなされる話に戻りますが、美庭で花組落ちした人間なので美庭大好きだけどちゃんと通えてなかったんですよね。しかもちな様退団ではないじゃん?一度でいいからちなされたい〜〜(泣)と言っていた私、ちなされることできたよ。言霊ってあるのかな。ちなされることが出来たのはゆきちゃんの心あってこそだと思い、仙名彩世さまには感謝しかありません🙏🙏

 

今はまだ実感が薄くて次回公演を観ないと本当に退団しているのか感覚的に理解できないけど、みりゆきちながいる花組を知れて良かった。宝塚にハマらないと思ってたし興味もなかった私が唯一知っていたジェンヌ 明日海りおが宝塚からいなくなってしまうのは何か寂しさがあるけど、それを繰り返して100年続いてきた伝統の一つに立ち会えるのは感慨深いなあ。花組のみんなが顔は涙でぐしゃぐしゃになっても心で笑える日を過ごせますように。

 

 

 

そういえば退団を組子に告げた10日にみりお様ウインク被弾しました。ありがてえ。